ネットビジネス ビジネス書,

これからの「稼ぎ」の仕組みを作ろう 関口智弘

英国の哲学者フランシス・ベーコンは,「ちょっと味見をするようにして,またはただ呑み込むようにして読んでよい本もあるが,少数ながら,よくかみしめて消化するべき本がある」と言ったそうです。まことに同感です。

川村明宏のジーニアス速読法
任天堂DSソフトの開発にも携わった経験を持つ川村明宏氏の開発した方法。1分間7000字の速読法。

試験に役立つ左脳型速読法
左脳を使った速読術で、単に本を早く読むためではなく、受験や資格試験の勉強に向いている速読方法です。

これからの「稼ぎ」の仕組みを作ろう 関口智弘

 

【送料無料】これからの「稼ぎ」の仕組みをつくろう

 

目次

あなたがお金を稼がなくてはいけない理由-はじめに/第1章 元ブラック企業の奴隷社員が年商2億円弱のグループ企業を築き上げるまでの軌跡/第2章 ネットビジネスで稼げない人が陥る7つの失敗/第3章 関口式「マスタープラン」で億の稼ぎを現実にする/第4章 お金を印刷する!?情報販売の極意/第5章 都合のいいお客さんを作り出す会員ビジネス構築方/第6章 誰も教えてくれなかったアフィリエイトでの本当の稼ぎ方/悩める子羊たちへ-おわりに/巻末付録 「今日1万円」稼ぐための関口式「マスタープラン」スターターキット

 

感想レビュー

実は、私は関口氏のメルマガの隠れ読者で、なんだか憎めない筆力に翻弄されて市販書籍も買ってしまった。メルマガと書籍はやはり違い、書店のレビューにあるとおり口調が崩れすぎていて、市販書籍としては読みにくいのは否めない。

 

 

ここらへん、やっぱり、違うもんだなぁ。メルマガと書籍って。

 

 

メルマガでは、崩し方がけっこう心地よいのにねぇ。そんな感想を持ちながら、前半部分を読んだ。前半の、自叙伝は、なかなかの圧巻。転職しまくり。やはり、枠にはまる人生の合わない人なのだ。

 

後半のノウハウ部分に達するにつれ、文章がまともになってくる(笑)。真剣にアウトプットしていることが伺えるようになる。実際、まだ、賞味期限のある使えるノウハウをオープンにしている感がある。

 

情報販売とはリスト集め

情報商材の販売で利益を得ているわけではないのか。これは、継続課金していく、会員制ビジネスのための、もしくはアフィリエイトのための布石にすぎないところがすごい。自分のビジネスにも応用できるところがありそうだ。単に販売ではなく、リストを集めることをひたすらに考えてみると、その先が見えるような気もする。

 

メルマガアフィリの王様

川島氏の教材を大絶賛の関口氏だけれど、二人とも、メールマガジンで数万人の読者を持つ王様。読者の数が大事。リストとして薄くても、数があれば、広告の媒体として認められるという大胆な論調。関口氏は、これまでメルマガを100紙以上、発行しているらしい。数打てば、そのうち当たるらしい・・。最初から、がんがん広告をうって読者を集めていくらしいんだが、やはり、常人の発想と違うんだねぇ。

 

おすすめされているメールスタンド

ステップメールのアスメルとオートビズなのだが、関口氏の最近のメルマガによると、アスメルは不達率が高くておすすめできないそうで、もっぱらオートビズを薦めているようだなぁ。私も、ステップメールを使うけど、この人ほど、何万通も出さないので、自分のサーバーに設置するメルマガ配信 QRで十分の成果があると感じますわ。

 

付録は自己アフィリの方法

自己アフィリ知らない人ってまだ、けっこういるのかな?川島さんの無料レポートも、こんなんでしたよねぇ。

 

 

関連書籍・商材

 

書籍の中でも、明らかにされている最初に取り組んだのは「●●情報」の発行だったようで。この情報商材もやはり、そのジャンル。私は決して取り組まないタイプのものなので、これは買わないけど。

 

元世界王者も絶賛!の著者・関口智弘のインターネットビジネス『マスタープラン』

 

ちなみに、関口氏は、どんどん無料でセミナーなどを公開している。
なかなか、頭の切れる人であるのは間違いないと思われる。

 

おすすめ


ホーム RSS購読 サイトマップ